So-net無料ブログ作成

伊坂幸太郎【陽気なギャングが地球を回す】 [活字中毒]

伊坂幸太郎さんの小説の中では、
このシリーズがとびきり面白い♬って、ドコかで読んだ気がしまして[本]
でも、本屋さんの、なんとかフェア・・などという企画の棚で
彼の作品がたくさん並んでいる中では見掛けなかったけどなぁ(・_・?)
不思議に思っていましたら、祥伝社文庫さんといういつもと違う出版社
さんでした。
文庫本は、発行されている会社によって
お客さんの認識度が変わってしまうんでしょうねぇ~( ̄△ ̄;)

こんな風な、ご機嫌な表紙、
029.JPG
面白いに決まってる♬って、迷わず買ってしまいましたよ(∩_∩)

二人組の強盗は、いずれどちらかが癇癪を起こすに決まっている、
三人組は悪くないが、逆さにするとアンバランスで
五人だと逃走用の車が窮屈だから
銀行強盗は四人いる・・
という冒頭から可笑しく可笑しくてたまらない、
ヒトを食った書き出し(^、^*)

さすが伊坂幸太郎、やってくれるわね(^ー^)ノ☆*.。
・・ってニヤニヤしているうちに、どんどんのめり込んで
やはりアッと言う間に読み終えてしまうのでした[ぴかぴか(新しい)]

伊坂幸太郎お得意の、
凄い大事件が起きているのだけど、
その事件の軌跡を追うよりも、登場人物一人々々の
個性的な饒舌な会話に重きを置くパターン(^_^)v

嘘をついている人を見分ける能力を持っている成瀬、
口から出まかせばかり言ってる響野、
体内に時計を持ち、常にカウントしてる雪子
天才的なスリ師の久遠・・という、
も~このキャラを構築しただけで
小説の重要な部分は決まってしまう・・と思うくらい
個性的な四人が、めいっぱい大活躍します\(≧▽≦)丿

後半に仕掛けられた、あっ☆と、
驚くトリックもめちゃくちゃ面白いのだけど
彼らの面白い掛け合いを読んでいるだけで
クスクス笑ってしまうO(≧▽≦)O

キレの良い展開のお話なので
最近書かれたお話だと思ったらデビューして間もないころの
伊坂幸太郎さんの出世作なんですってね(^、^*)
大沢たかおさん主演で、
映画化もされているそう・・・ありゃりゃ知らなかったです。
(本や映画、好きだと言いながら、色々な情報に疎いワタシです[あせあせ(飛び散る汗)]

↓読書のお供
130711_2229~01.jpg130711_1952~02.jpg
隣のギャラリーで、ドイツの地ビールの試飲販売をしていたので
お付き合いで買ってみました。
ラーデベルガーというピルスナータイプのビール[ビール]
爽やかで、キレの良い美味しいビールでしたよ(๑´ڡ`๑)


nice!(12)  コメント(3) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 3

獏

読書しないといけないなぁ。。。。感覚が鈍りまする・・・・(@w@;))

by 獏 (2013-07-19 17:22) 

ソニックマイヅル

読書のお供が素晴らしいですね!私の場合はおそらく10本くらいです。^^;
by ソニックマイヅル (2013-07-20 09:20) 

まこ

獏さん
ミステリーやサスペンスばかり読んでいると
現実の日常の感覚と、かけ離れてしまいますが・・(∂_∂)ゞ

ソニックマイヅルさん
そうそう!!のど越しの良いビールというのは
曲者かも知れませんσ("ε";)
by まこ (2013-07-21 14:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます